知っておきたい株式投資の歴史

044
今でこそ、インターネットの普及によって株式投資は身近になりましたが、歴史上どのような経緯をたどってきたのでしょうか。
株式投資が始まったのは、1602年にオランダで東インド会社が設立されたのが発端でした。

東インド会社は貿易企業だったのですが、当時は海運技術は未発達であり、一度航海にでても必ずしも貿易によって利益を得る保証はなかったのです。
しかしもし航海が成功し、外国や植民地からたくさんの物品を運ぶことが出来ればとてつもない利益をえることができます。
このような経営では、航海を行う出資金を集めることは困難でした。

そこで、出資者とある取り決めをすることにしました。
航海ごとに出資者からお金を集め、もし航海に成功してたくさんの利益がでたらそれを分配し、失敗すれば出資金を没収するという取り決めです。
この取り決めにより出資者は航海が失敗した時のリスクが軽減され、出資金を出しやすくなったのです。
このようにして株式会社が誕生したのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>