株式投資と初心者

株式投資をまったくしたことがない人間にとって、株式投資とはたいへんハードルが高いような気がしてしまいます。
なぜなら、株式という言葉を聞くだけで若者や女性からは敬遠されてしまうのではないかと思うからです。
実際の株式投資はそこまで複雑ではないはずで、興味がありさえすれば株式投資初心者でも始めることができるはずです。
では、なぜ一般の人がなかなか手を出せないのかというと、あまりにも株式投資に対する情報が不足しているからです。
インターネットが発達したとはいえ、まだまだメディアの代表格はテレビに他なりません。
しかし、初心者向けの株式投資番組など、ほとんどと言って良いほどありません。
野球をやったことのない人に、いきなりプロ野球のことを説明しても理解できないのと同じで、株式投資に対する初心者向けのメディアがないのが理由の一端と考えています。もう少し株式投資に対する敷居が低くなれば、世間一般のイメージも変わってくると私は思っています。

株式投資における割安株の見つけ方

株主投資を成功させるには、その株の本当の価値を知ることにあります。
もしその株が企業の評価以上の株価であれば、買うべきでではないでしょうし、
もし評価以下の株価であれば、買うべきでしょう。
しかし、その見極めが完璧に出来れば、誰でも株式投資で成功するでしょう。
実際はそうではなく、株式投資において失敗する人、成功する人がいます。
つまりその見極めこそ難しいものなのです。
株式投資で成功するには、株の本質的な価値を知ることが大切であり、そのためには数々の指標を読み解くことが大切です。
まず、株の財産価値と収益価値を知っておきましょう。
財産価値とは企業が持っている土地、お金、商品の在庫、負債、借入などを全てひっくるめ売却、返済した場合のお金の額のことを指します。
次に収益価値です。
財産価値はこれから企業が企業活動によって得ることの利益のことであり、財産価値と違い、予想に基づいた価値となります。
株の価値はこれらを合計したものとなります。