株取引におけるPERとは何かご説明します

株投資において知っておきたい用語の中にPERがあります。
PERとは株価収益率といい、投資を行う上でひとつの指標として株取引をやっていると頻繁にでてきます。
PERは企業株価を一株あたりの利益で割って計算されるものです。
このPERを見ることによって、その株価が企業の収益に対して割高になっているのかどうかということを判断することができます。
ただ、PERは景気の影響をうけやすい指標なので、これだけで株の価値を判断することはできません。
企業の株価が上がれば、PERが上がり、株価が下がればPERは下がります。
次に一株あたりの利益が上がればPERは下がり、一株あたりの利益が下がればPERは上がります。
PERはある一定の法則性があります。
例えば、今後ある業界が発展するという予測がなされた場合には、PERが高めになるようになります。また逆に交代する業界では、PERは低めになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>