危機管理相場に強くなるための行動とは

私も、投資経歴が長くなると、テロや災害などの多くの相場を経験しました。当然そうした相場とも付き合う必要があるため、監視銘柄のなかには、災害やテロなどに動きやすい銘柄も含まれております。投資家なら、ニュースや行事のチェックは欠かせないのですが、具体的のどの銘柄に投資をするかや、自分が買っている銘柄を損切りするか、塩漬けするかの判断に迫られます。まず危機管理相場の種類を考えると、地震や台風などの災害や、戦争やテロなどの事件や、物流などの事故などもありますし、ハッキング事件や大規模サーバーダウンや、経済危機や大企業の破綻も危機管理に入れたいところです。それらに対して、過去に大きく動いた銘柄を探ったり推理するのも、暇な時にでも行っておけば、投資技術の向上にもつながります。私も、監視銘柄などは、いつも入れ替えなどに注意しながら、未来におきそうな事件などを推測して、銘柄を入れ替えたりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>