終わったことは終わったこと

株式投資をしている人はわかりるでしょうが、株式投資と言うのは後悔の連続と言ってもいいでしょう。もちろん自分の読みがぴたりとあたって成功することも多くありますが、後悔することもそれと同じくらいはあります。
しかし、あまりくよくよ後悔したことを引きずっているようでは株式投資に向いているとは言えません。もちろんどうしてこのような失敗をするに至ったかを研究して次回からの経験に生かすということは絶対的に必要です。そして必要なのはそこまでで、次にはポジティブな思考で立ち向かっていかなければ到底株式投資で勝つことなどは不可能です。
終わったことを教訓にしてそれで学習した授業料と言うような発想が必要です。そして、だんだん経験を積んでいくとやはり株式投資で勝利できる可能性が高くなってくるのは間違いないことなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>