見極め最低で株取引敗北

初めて株取引を行った頃はよく負けました。
理由は簡単で、短期売買ばかりの意識で、ちょっと逆方向に行けばすぐに損切り、又は損切り出来ずズルズルとマイナス方向に行き、追い詰められて初めて損切り。
利益が出ても落ちて来たら嫌なのですぐに利確と売買タイミングの悪さがありました。
自分の中で明確なルール作りが無く、その場その場の上下に一喜一憂してしまっていたので、どこまでがリスクを負えるのか、どこまで利益を伸ばしたいのか等のルールが自分の中で無かったです。
だから負けは大きく、利益は小さいという事を繰り返してしまい、それらが積み重なり、気がつけば市場に投入した資金がどんどんと目減りしていくという負けルートを歩んでいたのです。
一番負けた時は全力で資金投入した会社の株がストップ安にまでなり、怖くなって損切りして、後日連日暴騰という時は完全に負けたと思い心が折れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>